6Dとお散歩。

二週連続の二郎に満足したら、お散歩再開です。

行きと違って急ぐ必要も無いので、のんびりと。





IMG_0048.jpg

赤羽側から見た川口。

(WB等のクセを掴みたいので、当分JPEG撮って出しのみで撮影します)




よ〜く見ると、僕が住むマンションも写っています。




絞った時のシャープさも良いですね。

IMG_0056.jpg

新荒川大橋を渡って川口へ。



IMG_0051.jpg

梅の花は見頃を過ぎてしまいました。

IMG_0078.jpg

今日はメジロもやって来ないみたい。




来ても撮れる自信はありませんが。

IMG_0068.jpg

この辺りでは安行桜と呼ばれる彼岸桜。




まだまだ咲き始めたばかり。

IMG_0079.jpg

のんびりとしたお散歩。




でも、何か見る度にシャッターを押してしまいます。

EOS Kiss X-4を購入したばかりの時もそうだったなぁと思い出しました。





嬉しくて。

ただ写真を撮るのが楽しくて。





またそんな気持ちでシャッターを切る事が出来た事が嬉しい。





なんて、リサイズされたこのブログの写真を見ても意味分からないですよね。


いいんです。


自己満足の世界ですから。





でも、家に帰ってiMacの大きな画面で見た時は感動しました。

なんて言うんですかねぇ。

空気の立体感、みたいな。



...。

いいんです。自己満足の世界ですから。




でも、圧倒的な解像感にはさすがフルサイズ!って思わずにやけてしまいます。




『まぁ』をモデルに撮った写真なんて、肌や髪の表現が凄い。

夜の室内でもノイズの無い本当に綺麗な写真が撮れます。










6Dの弱点とも言われるAF。

確かに今時このクラスで11点測距は時代遅れかな。

クロスは中央1点のみだし。




でも、この中央1点は本当に凄い。

迷わないし、精度抜群。



もともと中央1点しか使わない僕には何の問題もありません。

EV−3輝度範囲の威力は絶大だし。

暗所でもビシビシ合焦しちゃいます。





ファインダー視野率も97%とライバルに遅れをとっていますが

明るくてピントの山が掴みやすく、ファインダーを覗くのが楽しくなります。

大きくても四隅が暗くなってしまうファインダーより、僕は好きだなぁ。




でも、既に不満点も出て来ました。

シャッタースピードが4000/1秒までな事。




今日見たいな晴天時、50mmF1.8の開放付近でボケの大きな写真を撮りたくても

4000/1だとちょっと役不足ですね。

8000/1は欲しかった。








キットレンズのEF24–105L IS USMは、もう大満足。


AFは早いし正確。


なんと言ってもテレ端が105mmと言うのが良いですね。

今までAPS-Cで17-50を標準レンズで使用していましたが、

もうちょっと、、、と言う時が多かったんです。

それが、このレンズは正に痛い所に手が届くかゆい所に手が届く感じ。

そして全画角で切れのある描写が楽しめるなんて、夢の様なレンズです。

Lレンズの証、赤鉢巻きもかっこ良い♪




まだまだ使いこなせていませんが

現時点では本当に大満足!

やっぱり買って良かった♪









最後に、一つだけ。



今まで僕は、標準も望遠もタムロンをメインに使用していました。





そう、逆なんですよね。

ズームリングの回転方向が。





さっと構えて、画角を合わせようとズームリングを回しても、動かないんですよ。

逆回転に慣れちゃってるもんで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Big Mouse

Author:Big Mouse
嫁『なぁ』
娘『まぁ』
そして『僕』

三人でいると、ちょっと幸せ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター